1. TOP
  2. メンテナンス
  3. タイヤ
  4. スタッドレスタイヤの特徴とその寿命、安く購入する方法

スタッドレスタイヤの特徴とその寿命、安く購入する方法

今年最大の寒波が到来するとのことですので、積雪や路面凍結が起こりうる地域にお住まいの方は、自動車を運転の際はスリップしないようご注意ください!
積雪や路面凍結のない地域の方も風邪をひかないようお気をつけください。
今回はそんな冬に大活躍する「スタッドレスタイヤ」に関する情報を紹介します。

冬といえばスタッドレスタイヤの季節!

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤは、雪が積もった道路や凍結した道路など、スリップを起こしやすい路面で滑りにくくなるタイヤです。スタッドレスタイヤは「冬タイヤ」「スノータイヤ」などとも呼ばれ、それに対して普通のタイヤを「夏タイヤ」などと呼んだりします。

30年以上前には「スパイクタイヤ」というものが主流でした。スパイクタイヤは接地面に仕込まれた金属製のトゲ(スタッド)で、スリップを防ぐ効果は非常に高かったものの、アスファルトを削り粉塵を撒き散らして環境に悪かったため、スパイクタイヤは法律により使用を禁止されました。
スパイクタイヤに変わって登場したのがスタッドレスタイヤです。

トゲ(=スタッド)がない(=レス)タイヤですので、アスファルトを削ってしまうことはありません。

スタッドレスタイヤが滑らない理由

氷そのものはスリップの原因ではなく、氷の表面で溶けた水が膜を作っていることが原因です。水膜により、タイヤが接地できていないため滑ります。
スタッドレスタイヤが滑りにくい理由は、ノーマルタイヤに比べて水を跳ね除ける性能が高く、タイヤの溝が深いおかげで雪を噛んでくれるためです。

スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスタイヤの使用期限の目安は3~4年と言われていますが、使用頻度によってはタイヤの溝が減って、もっと早いスパンで交換しなければならないこともあります。
走行距離が短く、タイヤの溝が十分であっても、ゴムの経年劣化によって雪上・氷上の性能が落ちますので、定期的に交換するようにしましょう。スタッドレスタイヤを長く使いたい場合、積雪のない夏場などはノーマルタイヤに履き替えたり、タイヤローテーションを行なうと良いでしょう。

タイヤを安く購入するのであればオートウェイがおすすめです。

不要タイヤを処分するのであれば高く買い取ってもらいましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア