1. TOP
  2. スポーツ
  3. ロードスター値引き相場情報2023年2月!安く購入するための○○-car-info.tokyo-

ロードスター値引き相場情報2023年2月!安く購入するための○○-car-info.tokyo-

ここではロードスターの値引購入に役立つ交渉術を紹介しています。
すぐに値引き交渉情報を確認したい方はこちらへ進んでください。
マツダ ロードスターの値引き購入情報【マツダ ロードスターを買う!】

 

この記事も一緒に読まれています。

 

マツダ ロードスターの新車価格&販売店&モデルチェンジ概要

新車価格帯:260~333万円
販売店:マツダ系全店
登場年月:2020年12月
 

ロードスターの車名の由来

オープンカーのことをー般的に「ロードスター」と呼びます。北米仕様の名称は「MXー5ミアータ」。
 

ロードスターの特徴と基本燃費

国産オープン2シーター!
実用性は低いけれど走りの爽快感は最高。
実用性で計れば最も使えないのがオープン2シーター。S660は受注終了し、今や国産オープン2シーターはロードスターとコペンの2モデルのみとなった。販売台数や知名度からすればロードスターの孤軍奮闘状態である。街中、高速、山岳路、何処でも爽快ファントゥドライブがロードスターの醍醐味。現行車になってRHTがなくなったのは惜しまれるが、フルオープンの幌仕様とタルガトップのRFの二つのモデルを設定。また、前者は1.5L、後者は20Lを搭載して走りの楽しみもふた通り。ロードスターの原点を感じたいならオープン感覚も走りも幌仕様がベストだが、ファントゥドライブとツーリングの両立を求めるならRFがいいだろう。
 
燃費性能:17.2km/L
 
全長 3915mm ミッション 6AT/6MT
全高 1235mm 駆動方式 FR
全幅 1735mm 定員 2名
車両重量 990~1060kg WLTCモード燃費 16.8~17.2km/L
排気量 1496cc JC08モード燃費 —-km/L
ドア数 2

ロードスター価格表

グレード名 WLTCモード燃費 価格 (新車)
Sレザーパッケージ 16.8km/L 316.9万円
(FR / 2名 / 6MT)
Sスペシャルパッケージ 17.2km/L 293.4万円
(FR / 2名 / 6AT)
Sレザーパッケージ ホワイトセレクション 16.8km/L 321.0万円
(FR / 2名 / 6MT)
RS 16.8km/L 333.4万円
Sレザーパッケージ ホワイトセレクション 17.2km/L 332.5万円
(FR / 2名 / 6AT)
S 16.8km/L 260.1万円
Sスペシャルパッケージ 16.8km/L 281.8万円
(FR / 2名 / 6MT)
NR-A 16.8km/L 275.6万円
Sレザーパッケージ 17.2km/L 328.5万円
(FR / 2名 / 6AT)

メーカーHPはこちら
 

マツダ ロードスターの値引き購入情報【マツダ ロードスターを買う!】

ロードスターを安く買うには?

ロードスターを値引き限界まで交渉して、相場よりも高く下取り車を売り、最安値でロードスターを購入する商談法を紹介します!

これを実行するのと何もしないのとでは、ウン十万円も失敗してしまうことになるかもしれません・・・。非常に簡単ですので少しだけでもやってみましょう!

 

ロードスター 2023年2月の値引き動向と最新値引き目標額

2月のロードスター 値引き動向は、ロードスターの購入総額から23万円以上が値引目標額になります。

ロードスターの値引き目標額の動向はこちら
ロードスター 値引き目標額の動向

今月の商戦
用品値引きと下取り査定額が商談の中心となります。
趣味性が高いモデルなので、基本的には増販期だとしても値引き条件は目立って拡大しません。ただ購入希望車種と合致する在庫車が在れば、短時間で好条件の獲得も狙えるので、在庫車探しに注力しましょう。
下取り査定額の上乗せが値引きアップに大きく貢献するということを念頭に置いておきましょう。
屋根は開きませんが、同クラスでは知名度も高い86やBRZとの競合は有効です。「新型スイフトスポーツが出たらこのクラスの購入の検討をはじめた」と商談に入るのも一手になります。

 
2023年2月時点の車両値引き目標額は23万円が本体からの値引目標額です。また、オプションも30万円分あるとしたらそこから6万円は値引したいところですね。

ここから先で紹介する商談法を実行すれば、ロードスターから目標値引き額並み、もしくはそれ以上の値引きは可能になります!!。また、実際にロードスターを値引き購入した実例を随時更新していきますので、ロードスター値引き目標の目安にしてください。

 

【ロードスター値引】下取り車がある場合はこの進め方

乗り換えなどで下取り車がある時、その下取り査定評価をアップさせればさせる程、その分だけロードスターが安く買えることになります。ですがディーラーでのおまかせ下取り査定のみだと、はじめに基準の査定額を提出されて、商談が終盤になったころ、「車両からの値引きはこれ以上できないので、金額の調整は下取り車でします 」のように進めてくる流れも多いのです。

よくあるケースでは5万10万15万と少しずつ査定額アップさせながらお得感を出して、「希望に近い金額になったので決めてください!」となるでしょう。この流れは、購入者の満足感やお得感を刺激するセールス法の一つです。

表面的には購入総額が最初より下がったように見えますが、提示された査定額が中古車市場の相場に対して高い安いの判断が、一般のわたしたちには見分けることが簡単ではありません。より高い査定額がやり方によっては付くこともあるのです。

人気車や高級車になるほどその差額は大きくなり、本当の所では10万、15万、ときには30万円以上も損している事もあります。これは非常にもったいないです。

ディーラーの下取りで損しないためには、最低でも1店舗では買取店の査定を受けておきましょう。そうしておけばおおよそ買取店の相場が分かるので、そのデータを目安にディーラー査定額が妥当であるかの判断が可能になります。愛車の相場が分かればロードスター購入の予算計算も出来るので、一挙両得ですね。

下記はおすすめの車買取サービスです。ネットでもおおよその相場が分かります。相場を調べる前にまずはこちらの記事を参考にしてください⇒車売るなら比べて最高値を出したところで売る! 


ネットだけで愛車の概算価格が分かる「ズバット車買取比較」です。無料で複数の買取店へ一括査定依頼ができ、業者間での競争があるため高査定になりやすい。60秒で簡単入力、その後すぐにオートオークションで取引されている価格から算出した買取店の相場が表示されます。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら

 


インターネットでの車探しから売却に関することなど、ここのサービスを利用すれば一気に用事が済んでしまします。ネットサービスの中では比較的老舗な存在であるため、上記のサイトには登録していない買取店もあります。ぜひ、ここでも査定申し込みをしておく事をお勧めします。
>>カーセンサー公式サイトはこちら

ここで集めた買取店の査定データをもとに、査定額アップの交渉をしていきます。

 

【ロードスター値引】値引きに適した交渉時期はいつなのか?

時期的に値引きが拡大するタイミングは、「年度末決算期の1月~3月」「ボーナス時期の6月、7月」「中間決算期の8月お盆明け~9月」「ボーナス&年末商戦期の12月」、などがあります。この中でも一番値引きが拡大するのは年度末・決算期です。

とくに決算期にはお客を呼び込もうとして、各ディーラー毎にキャンペーンを展開しています。このタイミングでは普段には無いような値引きやサービスも珍しくありません。また、ボーナス商戦も通常よりお得なキャンペーンなどが開催されて、好条件の値引きを引き出しやすくなります。

これらの時期に新車のロードスターの購入を検討するタイミングなら、ぜひ大幅値引きを獲得して購入しましょう!

 

ロードスター【2023年2月】購入時の納期

ロードスターの納期:2~5ヶ月
納期は若干かかる場合があります。ロードスターの出来るだけ早い納車を望む方は、ディーラーが事前に注文していた車両(人気のグレード・色・装備の組み合わせの在庫車など)を選ぶ事で、速い納車の可能性もあります。グレードやボディカラーにもよりますが、2~5ヶ月程という情報があります。

 

【ロードスター値引】ライバル車と競合ディーラーリストを準備する

値引き条件をより引き出しやすくするために、競合車を設定してから新車の値引き交渉をスタートさせます。そこで「ロードスターもいいけど、他の車も検討している」というスタンスのまま契約間際まで商談したほうがいいでしょう。ロードスターの競合車は、86やBRZ、S660などが効果的でしょう。

またディーラーを経営する法人が異なれば、マツダディーラー同士の競合が可能です。

可能な地域であれば隣県に越境してのマツダ同士の競合も非常に有効です。地域や県が変れば違う法人が経営している可能性も高くなり、競合する店舗が増えれば増えるほど値引きしてでも売りたい担当者や販売店にめぐり会う可能性も高まります。経営の違うマツダはHPで調べられます。

また、インターネット上で見積もり申し込みできるサービスもありますので、見積もりを取るには有効な方法があります。

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括見積もりです。




オートックワンが運営するこのサイトはクルマ選びの総合支援ポータルで、日本最大級の新車見積もりサイトです。現在の加盟ディーラー店舗数が4,000店舗ほどあり先月の見積もり依頼数が6万件以上と非常に多くの方が利用しています。
このサービスの特徴は3つ
1.希望しない訪問は一切なし 2.簡単入力1分で最短60分以内の見積もり提示 3.複数の車種と店舗との比較自由
>>オートックワン公式サイトはこちら

複数店舗での見積もりと一緒にここでも見積もりを取っておきましょう。このサービスを利用するだけでも複数の見積もりデータが集まります。

以上のライバル車や複数のマツダディーラーをリストアップして、出来るだけ多くのディーラーと商談しましょう。
多くのディーラーと商談する事により、「ロードスターを値引きできるディーラー」に出会える確率が高くなります。

 

【ロードスター値引】ディーラー初回交渉の進めかた

初回の交渉では具体的な値引き額について触れる必要はありません。「値引きは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見てみましょう。その問いかけに対し「うちでは値引きは出来ないんです」とか、「前向きに検討していただけるなら頑張りますよ!」「値引き額はどなたも一律何円と決まっています」といった返答があります。

その対応を確認して、これからの交渉に生かしていきます。可能であればロードスターがあるディーラー店舗に足を運んで、展示車を見たり試乗車に乗って実車を確認してみましょう。営業マンに直接会って普段使いの実燃費や、グレード別の細かい違いなど確認してもいいでしょう。

ここでのポイントは・・・

・最初の商談ではお店や営業マンの雰囲気をチェックする
・本命がどの車種であるかは隠しておく
・ライバル車をピックアップして決めきれない所をアピール
・具体的な予算は聞かれてもはっきり答えない

 

【ロードスター値引】商談2回目からの進めかた

具体的な値引き交渉は二回目の商談から始めます。まずはライバル車に設定したディーラーと交渉し、そのタイミングで可能な限りの値引き提示を依頼して、その内容を違うライバル車に投げかけます。そうして出た条件をロードスターに提示して、徐々に値引きを引き出します。

限界までの好条件を引き出すベースは、まずはどこか一社でも良い条件を獲得します。その条件を持って他社の販売店で競合させる、そこで好条件が出ればまた違う販売店で競合させるという流れの「競合合戦」です。

そして、限界近くの値引き額を引き出します。と言っても特別な話術や難しい駆け引きは必要ありません。「どれにするか迷っている」「出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

ロードスター同士の競合は、値引きの上乗せで最も効果的な方法のひとつなので、交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。モデルチェンジ後などの発売日前後のうちはライバル車よりもロードスター同士の競合がメインになります。

ここでのポイントは・・・

・下取り額と値引き額をはっきり分けて商談する

・“好条件が出た内容をライバル車で競合させる”を繰り返す

・ロードスターの同士競合はまだ展開しない

・20%以上の値引きを利益率の高い純正オプション品から獲得する

 

【ロードスター値引】もうひとがんばりのダメもと交渉

二回目以降の商談でそれなりにロードスターから値引き額を引き出したら、同士競合にシフトを替えます。下記に一つの例を紹介していますので参考にしてみてください。

「私は86にしようと思っていましたが、妻と話をしたところ、ロードスターに決めようという方向になりました。でも私は86にまだ気持ちが残っています。86の購入を見送れるほどの好条件が欲しいので、申し訳ありませんが他のマツダディーラーでも交渉しました。他社では値引き20万円下取り35万円と出てるんだけど・・・」といった流れで同士競合に替えます。(伝え方は自分の性格や状況、タイミングによりマッチするように変更しましょう)

このやり取りを各マツダディーラーに持ちかけて、協力してくれそうなディーラーや営業さんに焦点を決めたら、印鑑を使って最終の交渉です。

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求してみます。それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。

「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると通りやすいです。また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを押してロードスターの契約となります。

・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる

・ローンを組むなら、ライバル他社のキャンペーン金利などを引き合いに出して、金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)

・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい

・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

 

【ロードスター値引】下取り車を限界まで高く売る!

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。そこで最後に複数の買取店に査定してもらいます。

そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにロードスターを安く買える事になります。そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。
そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えます。

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

≪ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。≫

カービューや「ズバット車買取査定」、「カーセンサー簡単ネット査定」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高額査定が期待できます。

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

以上がロードスターを限界の底値で買うための方法です。

何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、簡単に数十万円ロードスターを高く買ってしまう事になります。

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでロードスターを購入しましょう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア