1. TOP
  2. SUV
  3. 【2017年8月の値引購入ガイド!】車種別値引き目標額と商談ポイント

【2017年8月の値引購入ガイド!】車種別値引き目標額と商談ポイント

【クルマを高く売るならこのサイトで査定】

新しい軸の新型車登場で、販売の回復基調に転じつつあります。
 軽自動車税の引き上げや、三菱自動車の燃費不正の発覚による生産及び販売の一時的な中止などの影響で、市場は低迷期にあります。それに加えて新型車の投入数が少いための新車効果も少ないことも市場低迷の要因として上げられます。
 ですが、今後1年の間に各社の主力モデルが相次いで世代交代する予定があり、これを機に少しずつ回復基調に転じる可能性があります。
 まずはじめは、ダイハツムーブキャンバスです。ムーヴの全高を高くして、両側スライドドアを採用しています。このキャンバスの登場で生産を終了すると予想されていたムーヴコンテは当面継続していくようで、ムーヴシリーズの月間販売台数は1万5000台規模まで回復すると予想されています。この動向次第で、ライバルのワゴンR、デイズ/ekワゴン、Nワゴンも派生車種の展開に可能性があるかもしれません。

 今後1年以内にはミラ、スペーシア、Nボックスも世代交代する可能性があります。安全性対策、使い勝手と燃費の向上、完成度アップで進化していくことは確実なので、これによる新車効果は大きいはずです。特に注目されるのは両側スライドドア車にハイトタイプが加わり、急拡大することの動きです。

人気の新車見積もり&車査定サービス
新車見積もりサービス 車査定比較サービス
新車見積もり 車買取査定

月間見積もり数約65,000件の業界トップクラス新車見積もりの【オートックワン】WEBから新車見積もりができるので、複数メーカーを無料で気軽に見積もることも可能です。情報入力は最短”60秒”でOK!

査定依頼したらすぐに査定相場がわかります。大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

車種名/値引き目標額

ムーヴキャンバス 目標値引き額:14万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 流通台数が増加中の未使用中古車の在庫状況を確認
  2. 登録車ですがソリオも参戦させて多方面からけん制
  3. 同士競合の一本勝負になったら用品値引きで決着

条件が拡大しているNボックスとの競合に挑戦
 ムーヴシリーズの販売台数の中でも、かなりの割合を占める隠れた人気車です。車両本体値引きだけではなかなか好条件は引き出せないので、用品値引きとの合わせ技で攻めていくのが常套手段です。効果的なライバルは軽自動車内では見付けられませんが、値引きも拡大しているNボックスとの一騎打ちを仕かけると、好条件が見い出せるでしょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・14万円
2017年7月・・・14万円
2017年6月・・・13万円
2017年5月・・・13万円
2017年4月・・・12万円
2017年3月・・・12万円
2017年2月・・・11万円
2017年1月・・・12万円
2016年12月・・・12万円
2016年11月・・・9万円
2016年10月・・・9万円
2016年9月・・・7万円

ムーヴキャンバスの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ムーヴキャンバスを値引き購入して安く手に入れる方法!

タント 目標値引き額:15万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 未使用中古車の動向もチェック
  2. 新型Nボックスも候補としてプレッシャーを与える
  3. 本体&用品値引きを合わせて好条件を獲得する

デッドヒートを繰り広げているNボックスが好敵手
 2017事業年度締めで車名別&ブランド別軽自動車販売ナンバー1を狙っているため、年度内に契約するのがベストでしょう。 本体値引きも拡大していますが、用品値引きでさらなる条件アップを目指します。宿敵のNボックスをメインに、兄弟車のシフォンやスペーシア、デイズルークスとのライバル競合を積極的に展開して行くのが堅実です。

値引目標額の動向

2017年8月・・・15万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・15万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・14万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・15万円
2016年9月・・・15万円

タントの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
新型タント値引き購入マニュアル!商談の流れを知って最安で購入する

Nボックス 目標値引き額:16万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 現行型と時期型を並行して購入検討がする
  2. タント&デイズルークスとのライバル競合
  3. 資本の異なるホンダカーズ店同士で決着させる

好条件が出やすいため来月購入を考えるもの有効
 本格的にモデル末期に入る中、期末商戦を迎えていて、値引き条件は拡大中です。同地域内にある資本の異なる複数のホンダカーズ店同士の競合をメインに、タントやデイズルークス、スペ ーシアとも競合をしかけましょう。購入特典の多い期末商戦中に購入するのがおすすめですが、ホンダは通年販売熱心なので、無理やり決めることもないでしょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・16万円
2017年3月・・・16万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・17万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

Nボックスの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
【ホンダNボックス/カスタム値引き購入サポート!】なにも知らないでそのまま買うと損するかも?

ムーヴ 目標値引き額:8万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 未使用中古車の相場や流通状況を確認
  2. 好条件のワゴンRを筆頭にライバル競合を実施
  3. 本体値引きと用品値引き両方を交渉して進める

宿敵ワゴンRとの対決は必ずおこないましょう
 統計上は好調に売れているように見えますが、その多くはキャンバスが占めています。ムーヴ自体は販売苦戦気味ですが、本体値引きもひろがってきています。用品値引きとの合わせ技で好条件を目指しています。新型ワゴンRを相当意識しているので必ず競合させることで。 期末商戦終盤に向かい、ステラの特価セールが目立つ可能性があり、これを絡めるのがベストでしょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・8万円
2017年7月・・・13万円
2017年6月・・・14万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・14万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・15万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

直近の販売台数

10月 4.136台
9月 4.914台
8月 5.580台

ムーヴの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
【ムーヴ値引き購入サポート】

ワゴンR 目標値引き額:13万円

好条件獲得の交渉ポイント
・販売苦戦が続いていることを指摘しながら商談を開始。
・デイズやムーヴも購入を検討していると伝える。
・スズキ店同士の競合も手広く行い、価格競争を展開。

本体値引きが厳しい分は用品値引きなどでカバーされているようです。納期は若干かかり気味とのこと。同地区内にある正規店と副代理店での同士競合をメインに、フレア、デイズ、ムーヴ、Nワゴンと競合を展開。

値引目標額の動向

2017年8月・・・13万円
2017年7月・・・12万円
2017年6月・・・11万円
2017年5月・・・11万円
2017年4月・・・10万円
2017年3月・・・9万円
2017年2月・・・8万円
2017年1月・・・15万円
2016年12月・・・15万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・14万円

ワゴンRの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ワゴンR購入サポート!値引き限界と相場の情報まとめ

スペーシア 目標値引き額:14万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. Nボックスとタントの争いを活用する
  2. 正規店だけでなく副代理店も回って同士競合
  3. 最終はフレアワゴンとの兄弟車競合で決める

王道ライバル社との競合に兄弟車競合も加える
 カスタムZを追加するなど、改良を実施したのは期末商戦を意識している証拠。同じ地域内にある正規店と副代理店での同士競合に、タントとNボックスとの競合を絡める。兄弟車のフレアアワゴンは期末商戦終盤へ向かい値引き条件が拡大する傾向にあるので、期末商戦中に契約する方向で、スペーシアにぶつける。

値引目標額の動向

2017年8月・・・14万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・14万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・14万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・16万円
2016年12月・・・17万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・15万円
2016年9月・・・15万円

直近の販売台数

10月 6.155台
9月 8.396台
8月 5.787台

スペーシアの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
【スズキスペーシア最安値引き購入サポート】交渉マニュアル

キャスト 目標値引き額:16万円

・未使用中古車も多いのでまずはそこから確認
・それぞれのタイプに合うライバル車同市を競合
・用品値引きもきっちり商談して好条件を狙う

 本体値引きは拡大傾向にあります。用品値引きも積極的に突いていきましょう。アクティバはハスラー、スタイルはムーヴキャンバス、スポーツはアルトRSとライバル競合を展開。トヨタへのOEM車のピクシスジョイとは、用品値引きをメインに兄弟競合をおこないましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・14万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・14万円
2016年10月・・・15万円
2016年9月・・・13万円

キャストの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ダイハツキャスト値引き額相場情報2017!○○することで安く買える-car-info.tokyo-

ハスラー 目標値引き額:14万円

・未使用中古車の在庫状況や価格を下調べ
・価格重視の姿勢で兄弟車の条件も収集して商談に使う
・できるだけ多くの異資本取扱店同士の競合で契約

今月の商戦
販促に熱が入る兄弟車との競合は条件拡大に効果的
 人気モデルゆえに期末商戦の目玉に据えています。同じ地域内にある資本の異なるスズキ系販売店同士の競合が商談のメインとなります。兄弟車のフレアクロスオーバーも期末商戦に向かい販促が活発化するので、照準を合わせるのもおすすめです。当然、競合効果も高いキャストアクティバとも積極的に競合を進めていきましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・14万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・14万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・13万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・15万円
2016年9月・・・14万円

直近の販売台数
10月 6.388台
9月 8.317台
8月 5.637台

ハスラーの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ハスラー値引き購入のポイントを紹介!簡単な○○で安く買う

ウェイク 目標値引き額:15万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 未使用中古車の相場や流通台数の確認からスタート
  2. Nボックスの新型も検討しているとゆさぶりをかける
  3. 本体値引きに用品値引きも絡めた交渉で商談を詰める

Nボックスの好条件は商談材料としてぴったり
 相変わらず販売の勢いはいまひとつのようです。その分値引き条件は拡大傾向。本体値引きだけでなくて、用品値引きもしっかり交渉して全体の値引き条件拡大を目指しましょう。宿敵としているNボックスとの競合は外さないこと。Nボックスも好条件が出るので競合効果が高い。未使用中古車の蔵出しセールにも目を配らせておきましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・15万円
2017年7月・・・16万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・16万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・13万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

直近の販売台数
10月 2.672台
9月 3.226台
8月 2.512台

ウェイクの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ウェイクを安く購入するために効率よく値引く!

Nボックスプラス 目標値引き額:16万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 新型の商談でも好条件を引き出すすすめ方を展開
  2. タント&デイズルークスを参戦させて反応を確認
  3. 異資本のホンダカーズ店同士競合で決着

状況はNボックスと同です
 すでに値引き条件は拡大中で、期末商戦期間内はさらに条件がアップしています。ホンダは繁忙期以外の販売も重視するので、どうしても期末商戦中には決められないという時には、次月に流した方がいいかも。同地区内にある資本の異なるホンダカーズ店同士の競合に、タントやデイズルークスとの競り合いも加える。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・16万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・16万円
2017年3月・・・16万円
2017年2月・・・16万円
2017年1月・・・15万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

Nボックスプラスの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
Nボックスプラス値引き相場情報2017!-car-info.tokyo-

Nワゴン 目標値引き額:15万円

・在庫車の状況と未使用中古車の状況を確認する
・ワゴンRを筆頭にライバル社競合を実施
・好条件の販売店と異資本店間でも競合

ライバル車への対抗措置も活用し同士競合を仕掛ける
 在庫車を狙った、同じ地域内にある資本の異なるホンダカーズ店同士の競合はお約束です。その他、ワゴンRが新型になったので、これをメインにムーヴとデイズともライバル競合を展開させましょう。
ライバルたちに勝つべくして設定される特典も目立つため、できるだけ期末商戦内に結論を出すような商談を進めるといいでしょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・15万円
2017年7月・・・14万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・15万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・13万円

Nワゴンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ホンダNワゴン/カスタム値引き購入サポート情報!

Nボックススラッシュ 目標値引き額:16万円

・未使用中古車も出回っているのでしっかり確認
・ハスラー&キャストシリーズをぶつける
・異なる資本のホンダ同士を競い合わせる

趣味性の強いモデルでライバルもいない
 販売も伸び悩んでおり通年で値引き条件が拡大傾向にあるので、期末商戦以降に契約しても値引き条件に大差がない。そのためにはとくに、期末商戦を意識して商談を進めなくても大丈夫です。同地区内にある資本の異なるホンダカーズ店との競合にハスラーとの競合を絡めて様子を見てみましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・16万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・17万円
2017年4月・・・17万円
2017年3月・・・17万円
2017年2月・・・16万円
2017年1月・・・16万円
2016年12月・・・17万円
2016年11月・・・16万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・16万円

Nボックススラッシュの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
Nボックススラッシュ値引き相場情報2017!-car-info.tokyo-

N-ONE 目標値引き額:16万円

・多数存在する未使用中古車も使って好条件を目指す
・ラパン&キャストスタイルとライバル競合を
・異資本ホンダカーズ店同士も競合をからめて商談

商談の中心は、同じ地域内にある資本の異なるホンダカーズ店同士の競争を
 期末商戦に的を絞った商談を進めることが条件拡大に効果的。キャストスタイルやラパンとのライバル競争も値引きアップには効果を発揮すことでしょう。その他、未使用中古車も特価セールが目立つので在庫状況や購入条件をチェックして比較してみる。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・15万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・15万円
2016年11月・・・14万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・15万円

N-ONEの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
N-ONE値引き相場情報2017!安く購入するための○○-car-info.tokyo-

ekワゴン 目標値引き額:16万円

・商談の軸はデイズとの兄弟車競合
・複数の異資本販売店がある地域は同士競合を展開
・ライバル各車の条件を提示して競わせる

一時期よりは販売はだいぶ持ち直してきているようです
 デイズとの兄弟車競争や、ワゴンR、ムーヴ、Nワゴンともライバル競争を実施。同じ地域内に資本の異なる三菱系販売店が複数あればお互いに競争が展開するといいでしょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・12万円
2017年2月・・・12万円
2017年1月・・・11万円
2016年12月・・・13万円
2016年11月・・・12万円

ekワゴンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
eKワゴン値引き相場情報2017!○○で安く購入できる-car-info.tokyo-

ekスペース 目標値引き額:16万円

同士競合が可能な地域は積極的に実施
・異資本販売店同士の競合に焦点をおく
・兄弟&ライバル車の条件をぶつけて競い合わせる
・用品値引きに注力した集中攻撃をかける

 期末商戦時期はとくに稼ぎ頭なので狙い目の一台。改良も行われて販売も回復傾向にあります。デイズルークスとの兄弟車競合に加え、タント、Nボックス、スペーシアとのライバル競争も、期末商戦にはとくに効果が期待できそうです。同じ地域内に資本の異なる三菱系販売店が複数あれば、同士競合での値引きアップに効果を発揮。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・12万円
2017年2月・・・12万円
2017年1月・・・11万円
2016年12月・・・12万円
2016年11月・・・11万円

ekスペースの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
eKスペース値引き相場情報2017!○○するだけでお得に-car-info.tokyo-

デイズ 目標値引き額:16万円

・ワゴンR、ムーヴ、Nワゴンとの競合を展開
・ekワゴンとの兄弟車競合もしっかり行う
・価格重視の姿勢で同士競合の結果を比較して攻める

本体値引きは拡大傾向ですが、用品値引きなどの特典も充実してくる傾向。同地域内の日産店、プリンス店、サティオ店での同士競い合いをメインに、ワゴンR、ムーヴ、Nワゴン、eKワゴンとの競争も積極的に進めて、好条件を目指します。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・12万円
2017年2月・・・12万円
2017年1月・・・11万円
2016年12月・・・13万円
2016年11月・・・12万円

デイズの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
デイズ値引き相場情報2017!○○をやらないと高くつく-car-info.tokyo-

デイズルークス 目標値引き額:16万円

・豊富に揃う未使用中古車も視野に入れて検討
・ライバル&兄弟車の条件を入手して競わせる
・同士競合で価格や用品サービスを競わせる

量販の責務から競合すれば好条件を獲得しやすい
 TV-CMも積極的に放映しているのは、期末商戦が狙い目である証拠です。日産の中では量販が期待できる数少ないモデル。値引きの条件も拡大傾向が続いています。同じ地域内にある日産店、プリンス店、サティオ店での同社同士の競争が商談の中心。さらにNボックス、タント、スペーシア、eKスペースとの競合を絡め値引きアップを狙いたい。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・15万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・12万円
2017年2月・・・12万円
2017年1月・・・11万円
2016年12月・・・12万円
2016年11月・・・11万円

ラパン 目標値引き額:13万円

好条件獲得の交渉ポイント

  1. 丸いヘッドライト軽自動車を使って価格重視で攻める
  2. 未使用中古車でも可能性があると伝える
  3. できるだけ多くの取扱店同士での競合を展開

キャストスタイルが思わぬ伏兵になるかも
 一般的なライバルはミラココアとN-ONEですが、キャストスタイルをぶつけてみるのも効果が期待できそうです。その他の商談の手としては、同じ地域内にある資本の異なるスズキ系正規店と副代理店同士の競争も忘れないことです。スズキ系販売店では未使用中古車の他、走行数干km程度の準未使用中古車もあるので確認してみましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・13万円
2017年7月・・・12万円
2017年6月・・・13万円
2017年5月・・・15万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・14万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・14万円
2016年10月・・・15万円
2016年9月・・・14万円

ラパンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
スズキラパン値引き限界相場2017!安く買うには○○が効果的-car-info.tokyo-

ミラココア 目標値引き額:16万円

・業販店の在庫車が狙い目となるのでしっかり確認
・ラパン、N-ONEとの三つ巴競合が効果的
・用品値引きもしっかり交渉して最後の詰めを行う

装着する用品が多い人は用品値引きも実施
 未使用中古車がそれほど目立っていないので、新車購入を前提に話を進めた方がいいでしょう。ただし、まったく流通していないわけでもないので、相場や在庫状況はしっかり確認しておくことです。車両本体値引だけでなく、用品装着率も高いモデルなので用品値引きもしっかり交渉。効果的なライバルは、同じ可愛い路線のラパンやN-ONEです。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・16万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・17万円
2017年4月・・・16万円
2017年3月・・・16万円
2017年2月・・・16万円
2017年1月・・・15万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・13万円
2016年9月・・・14万円

ミラココアの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ダイハツミラココア値引き相場情報2017!安く購入する○○な方法-car-info.tokyo-

ミライース 目標値引き額:11万円

・在庫車のプレオプラスの条件を収集して分析
・定番で効果の高いアルトも加えて三つ巴対決を展開
・用品値引きに注力した一本勝負をおこなう

兄弟車を活用した競合が条件拡大を生む
 本体値引きは拡大傾向にあります。さらなる値引き条件のアップを狙い、用品値引きについても商談を進めます。兄弟車のプレオプラスの好条件が目立っているので、兄弟車競争も効果的に進めます。ライバル競争ではアルトではなく、その兄弟車のキャロルの方が羽振りが良いため積極的に競争。未使用中古車のセールにも注目しましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・11万円
2017年7月・・・10万円
2017年6月・・・7万円
2017年5月・・・5万円
2017年4月・・・14万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・13万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・13万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・13万円

コペン 目標値引き額:12万円

・S660だけでなくロードスターも引き合いに出す
・本体値引きのはか用品値引きもしっかり交渉していく
・下取り査定額の上乗せもしっかり交渉する

期末商戦などは関係ないので焦る必要はありません
 あせって契約しても生産体制の問題で、期末商戦時内の納車ができるとはかぎりません。といっても、ハンドメイドに近いため、期末商戦だからといって著しく値引きがアップするということもなく、とくに意識する必要はないでしょう。S660との競合を浮かべがちですがロードスターを引き合いに出した方が、条件アップには効果的のようです。

値引目標額の動向

2017年8月・・・12万円
2017年7月・・・13万円
2017年6月・・・13万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・14万円
2017年3月・・・13万円
2017年2月・・・13万円
2017年1月・・・12万円
2016年12月・・・13万円
2016年11月・・・12万円
2016年10月・・・11万円
2016年9月・・・12万円

コペンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
コペン値引き限界相場情報2017!○○すると安く買える-car-info.tokyo-

S660 目標値引き額:12万円

・商談の軸は異資本ホンダカーズ店同士の競合
・コペンだけでなくロードスターとも競わせる
・用品値引きを合わせて値引の増額アップを狙う

コペンとの競合ではなく乗用ショートスポーツカーの名前を出す
 納期を少しでも短くしたいという人以外は、急いで商談をまとめる必要はないでしょう。同じ地域内にあるホンダカーズ店同士の競争では、値引きだけでなく納期も確認することです。コペンとの競合を優先しがちですが、口ードスターや86&BRZを引き合いに出す方が戦況を変えられかもしれません

値引目標額の動向

2017年8月・・・12万円
2017年7月・・・13万円
2017年6月・・・12万円
2017年5月・・・13万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・13万円
2017年2月・・・13万円
2017年1月・・・12万円
2016年12月・・・13万円
2016年11月・・・12万円
2016年10月・・・11万円
2016年9月・・・12万円

S660の詳しい値引購入についてのサイトはこちら
S660値引き相場情報2017!安く購入するための○○-car-info.tokyo-

アルト(キャロル) 目標値引き額:12万円

・未使用中古車も少なくないのでまずは状況をチェック
・商談の前半はミライースと一騎打ちで競合
・最終は複数の取扱店をからめて好条件を出していく

自身の兄弟車だけでなくライバル車の兄弟車にも注目
 期末商戦終盤に向かい、兄弟車キャロルの値引き条件が拡大する可能性が高く、競合効果も高まるいっぽう。同じ地域内に正規店のほか副代理店が複数ある場合は、同士競合を実行し。ライバルはミライースだけでなく、その兄弟車であるプレオプラスにも注目。期末では“蔵出し”的な特価が飛び交うことも多い。

値引目標額の動向

2017年8月・・・12万円
2017年7月・・・13万円
2017年6月・・・13万円
2017年5月・・・13万円
2017年4月・・・13万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・13万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・13万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・13万円

エブリイワゴン 目標値引き額:15万円

・4兄弟展開なのでまずは兄弟車競合を実施
・アトレーワゴンとの対決も忘れずに行う
・取扱店同士の競合を幅広く実施して好条件を獲得する

「納車の早い所で・・・」で買うのが正しい選択
 法人ユースも期末商戦は活発に動くので、この時期はより条件が拡大しやすい。バッジ以外に違いはほとんどないので「納車の早いところで買う」と、兄弟競争を進めましょう。さらにアトレーワゴンとも競争して同じ地域内にある正規店と副代理店との競合も忘れないこと。バモスは納期遅延が発生しているので競合効果は期待できないかもしれません。

値引目標額の動向

2017年8月・・・15万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・14万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・16万円
2017年2月・・・16万円
2017年1月・・・15万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・14万円
2016年10月・・・14万円
2016年9月・・・14万円

エブリイワゴンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
アトレーワゴン値引き相場情報2017!○○するだけで安く買える-car-info.tokyo-

アトレーワゴン 目標値引き額:16万円

・未使用中古車の買い得度も確認しておく
・エブリイワゴンとの競合で好条件を引き出す
・本体値引きの他に用品値引きをしっかり交渉する

競合はエブリイワゴンとの一騎打ちだけで十分です
 意外に納期がかかることもあるので確認しておきましょう。本体値引きに加えて用品値引きなども交渉することです。宿敵のエブリイワゴンにモデルの鮮度で負けているので、本体値引きで対抗しているようです。ライバル競争はエブリイワゴンだけで充分。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・17万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・17万円
2017年4月・・・17万円
2017年3月・・・17万円
2017年2月・・・17万円
2017年1月・・・16万円
2016年12月・・・17万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

アトレーワゴンの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
アトレーワゴン値引き相場情報2017!○○するだけで安く買える-car-info.tokyo-

ムーヴコンテ 目標値引き額:16万円

購入を検討しているのであれば早めの行動を
 すでに生産を中止していますので、あとは在庫車があるかどうかです。とにかく早めに動き出すしかないでしょう。兄弟車のピクシススペースはかなり計画的な供給体制だったので、在庫車はほとんどないと考えていいです。この状況下では、ライバル競争は使えません。なお、未使用中古車として流通もしている可能性があるので、そちらにも注目です。

値引目標額の動向

2017年3月・・・16万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・14万円
2016年12月・・・16万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

ジムニー 目標値引き額:16万円

・未使用中古車も存在するので相場を確認
・キャストアクティバをちらつかせて反応をみる
・できるだけ多くの取扱店同士を競合させる

無理に期末商戦で契約まで行く必然性がない
 まずは期末商戦期間内に商談を進めます。4月以降には特別仕様車の未使用中古車が目立つことも多いので無理やり期末までに契約をせず、様子を見るのも一手です。効果的なライバルはいませんが、キャストアクティバをぶつけて営業マンの出方を探りたい。同じ地域内にあるスズキ正規店と副代理店での競合を展開させましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・16万円
2017年7月・・・15万円
2017年6月・・・16万円
2017年5月・・・16万円
2017年4月・・・15万円
2017年3月・・・15万円
2017年2月・・・15万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・14万円
2016年10月・・・13万円
2016年9月・・・15万円

ジムニーの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ジムニー値引き目標相場2017!安く買うに大切な○○-car-info.tokyo-

ミラ 目標値引き額:14万円

・未使用中古車が出回っているので対抗馬に活用
・アルトのMT車をぶつけてプレッシャーをかけてみる
・本体値引きの他に用品値引きもしっかり交渉

未使用中古車の流通を待ってみるのも得策
 期末商戦終了後に未使用中古車の流通が目立つ可能性が高く、それを静観するのもいいかもしれません。値引き余力が少ないことを考えれば、期末商戦期だからといって、特別に値引き条件がアップすることもないです。兄弟車、プレオの出方次第では、期末商戦期間内の購入を狙うのもアリなので、動向に注目しましょう。

値引目標額の動向

2017年8月・・・14万円
2017年7月・・・13万円
2017年6月・・・14万円
2017年5月・・・14万円
2017年4月・・・14万円
2017年3月・・・14万円
2017年2月・・・14万円
2017年1月・・・13万円
2016年12月・・・14万円
2016年11月・・・12万円
2016年10月・・・12万円
2016年9月・・・13万円

ミラの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ダイハツ・ミラ値引き相場情報レポート2017!○○するだけでかなりお得に-car-info.tokyo-

バモス 目標値引き額:17万円

・相談前に注意が必要な納期を確認してはじめる
・エブリイ、アトレーの両ワゴンとの対決を実施
・最終的な局面では異資本ホンダカーズ店同士での競合

値引きにこだわるならNボックス移行もあり
 納期遅延が深刻化しているため、値引き交渉が介在する余地があまりないと考えていいでしょう。値引きにこだわる人にはNボックスがすすめられることも。同じ地域内にある異資本ホンダ力ーズ店同士の競い合いでは、納期の早さも検討材料に加えたい。なお、未使用中古車の存在も期待できないしライバル競争も効果が薄い場合もあります。

値引目標額の動向

2017年8月・・・17万円
2017年7月・・・16万円
2017年6月・・・17万円
2017年5月・・・17万円
2017年4月・・・16万円
2017年3月・・・17万円
2017年2月・・・17万円
2017年1月・・・16万円
2016年12月・・・17万円
2016年11月・・・15万円
2016年10月・・・16万円
2016年9月・・・15万円

バモスの詳しい値引購入についてのサイトはこちら
ホンダ・バモス値引き相場情報2017!-car-info.tokyo-


購入ガイドタイプ別メニュー
SUV スポーツ ステーションワゴン
コンパクト セダン ミニバン
軽自動車 EV、FCV ページトップ
【《車買取》愛車を一番高く売るなら♪】

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

【最短30秒で入力完了!最高価格が分かる♪】