1. TOP
  2. 車売るなら比べて最高値を出したところで売る!

車売るなら比べて最高値を出したところで売る!

車業界にいる人以外、車の売買に関する情報はそれほど持っていないというのが実情で、どこで情報を集めたらいいのかどこに相談していいのかわからないのではないでしょうか?
それに、ネットで検索すると一括査定ばかり紹介されているのでその他の方法も知りたいと思いますよね。

このサイトでは車の買い替えや処分するなどといったことで、愛車の売却を検討している人が必要となる情報をまとめています。

大きく分けて6種類ある車の売却方法の特徴と有効性、できるだけ効率的に高く売却できる方法を紹介。また、売却する車の相場情報や売却に必要な準備、知識などまとめて把握できる内容になっています。

何も知らない一般の人でも車を売却する査定額の相場を調べることで、できるだけ高く売却できるようサポートしています。

車を売った時に私が困ったこと

車を売ろうと考えた時に私が困ったのが、本当に一番高く売れる方法が分らないという所でした。

できるだけ高く売りたい考えてもその方法が分らない、周りの人に聞いても「買った所に売るのが一番いい」といった一般的な答えばかり。それにネットで調べてみると一括査定をすすめる記事ばかり・・・。

こればかりは車屋さんに友人や知人がいたとしても一番高く買い取ってくれるとは限らないので、もっとも効果的な方法を知りたいというのが本音でした。

それに、情報が錯乱しすぎて結局の所、何がいいのかわからないしめんどくさいため、ほとんどの人が下取りとして売却しているというデータがあったり、買取店に査定を申し込んだらセールスマンに言いくるめられたようにもやもやが残ったまま車を売った人の話も聞きます。

このように調べれば調べるほど本当の所が何なのか分らなくなるばかりでした。

最終的に私が行った方法は、車の査定相場の上限と下限目安を確認してから複数の買取店で査定をし、一番高い所に売却しました。

その経験から学んだ内容を以下で紹介していきます。

 

車を売る初心者が誤解している所・注意が必要なポイント

車を売る経験の浅い初心者の方が誤解しやすい所と、慎重に検討、または準備しないと気がつかない間に査定額を落としかねない所をまとめています。

 

売却する車は綺麗にしないといけない

基本的にいくら綺麗にしていれば大きなアップは無いようですが、外観や内装の評価点は多少高くなります。ですが、汚れているままで査定してもらうとオーナーに対する信用度が低下してしまうなどの影響はあるでしょう。

私の時に指摘されたのは、ボディについて普通の洗車では取れなかった水アカでした。このように、評価は少ないけどマイナスはしっかりチェックされるということはあるでしょう。

とはいえ、費用をかけて水アカやキズ、凹みなどを修正するほど査定額がアップするわけではありません。買取店には買取った車を再販売させるための整備体制が整っており、これぐらいの整備は安価に行えるためです。

 

人気の車査定サービス

ほぼ毎日、1000人前後の方が利用している無料の上場大手企業が運営する車買取査定サイトですので安心して利用できます。

ウェブクルーズバット車買取比較
ズバット車買取比較は、業界トップクラスの最大10社の一括見積もりに対応した車査定業者で、人気の査定業者のほとんど提携しています。
毎月実際に取引しているオートオークション相場をもとにしてすぐに概算を表示してくれるサービスも最近追加されました。こちらのサイトへ進んでいくと、利用者アンケートも充実しており日々更新されています。

公式サイトには査定依頼初心者の高額買取ポイントもチェックできますし、査定・売却情報も掲載されているのでこれから愛車の購入や売却を考えている方にとても参考になります。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら<<

エイチームかんたん車査定ガイド
株式会社エイチーム(Ateam Inc.)が運営する車買取比較サイト。車の買取価格を気軽に知りたい。もっと高額で買い取りをしてほしいとお考えの方。人とはちょっと違う車を持っている方はこちらがおすすめ。
こちらのサイト内には「車の買取査定に関するうわさ」「買取査定豆知識」といった説明があるので勉強になります。ガリバーやカーセブン、アップルといった有名な高額買取業者が参加しているので高く売れやすいと評判です。

ここで見積もりを取って、予想額よりもほぼ2倍になったという実例もあります。入力したら1秒で愛車の最高額が分かるので、愛車の相場をすぐ知りたい!という人におすすめです。

>>エイチーム公式サイトはこちら<<

カーセンサー簡単ネット車査定公式サイト
入力項目は少し多めですが知名度の高いリクルートが提供するサービス。中古車の買取情報ならカーセンサーで1番高い査定価格を出して買い取ってもらえます。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などを入力の上、依頼を一括で申し込できます!

>>カーセンサー簡単ネット車査定公式サイトはこちら<<

 

査定価格を調べてもネットだけではわからない

査定価格算出の基本を確認するとわかりますが、査定価格の基本は現車の状態で決まります。
車種や年式、走行距離などの情報だけでも査定価格の目安は算出できますが、主役の車にオイル漏れしていたり、エンジンから異音や異臭がしているなどで整備が必要な場合、査定額大きく下がる、または査定額が0円ということもあります。

このように、ネットの査定サイトに車の情報を入れて査定を申し込んだだけでは本当の査定額は分りません。ですが、そういった査定サイトで算出された金額は査定の相場として活用することはできます。

中には、参考価格すら提示しないで電話もしくは対面で買取の営業をかけようとする業者もあります。

 

細かな入力項目があっても実際の査定で20万円前後の違いもある

査定サイトによっては車の状況を細かく入力する項目があり参考価格が提示されたとしても、実際の車を確認して査定をすると20万円程度の誤差はあるもので、傾向としては低くなる事が多いようです。

落ち着いて考えるてみると、もし仮にネット査定で低い査定額を提示した場合、車を買い取れる可能性が低くなるということに加え、所有者と連絡を取って本査定することさえも難しくなります。

私がネット査定を申し込んだときに他の買取店より査定が低かったら、その時点で候補から外すでしょう。そう考えると、ネットで提示される参考査定価格は相場より少し上で、実際に取引される上限に近い額が提示されると考えても大きな違いはないでしょう。

 

ネットで一括査定を申し込むと数秒後または数分後に本人確認の電話がきます

夜19時~朝7時の間では電話連絡をしないというルールを決めている査定会社もあるようですが、私が申し込んだのは14時頃でしたので申し込んだ瞬間に本人確認の連絡が来たことを覚えています。

そして、その電話の最中にもキャッチホンがなり続きます。

若い頃にあったモテ期をもう一度味わいたい方は少し楽しめるかもしれませんが、なにも知らない時にこの状況になれば誰でもびっくりしてしまいます。

ですがここでも落ち着いて考えると、事前にこういう状況が予想されるので電話が出来ないときには申し込まないことが得策ですし、電話以外で連絡を取ろうとすればいいでしょう。間違っても仕事先などの電話番号を連絡先に登録することは止めた方がいいです。

 

なんでそんなにすぐ連絡が来るかを考えると見えてくる真実

ではなぜ、買取業者は競うようにしてすぐに連絡をしてくるのかを落ち着いて考えると分かることがあります。

まず一つは、一番最初に連絡を取った買取業者に車を売却する確率が高いということです。それはこれから売ろうとする車の状況を複数の業者に説明する時、同じことを何度も聞かれると非常にわずらわしいものです。

また、よほどひどくない限り一番最初に合う営業マンを気に入る傾向があり好感を持ちやすいため、その後の営業マンの印象が小さくなる性質も関係しています。

このことは統計的にそうなっていることから、買い取りのプロも最初に連絡を付ける大切さを心得ているのです。

二つ目は、査定申し込み一件の情報に費用がかかっているということです。
サービスによって金額はかわりますが、1件あたり数千円から数万円かかるといわれています。これは、車を買取ることが出来なくても売却を検討している人の情報1件にかかる費用ですので、業者としてはなんとしても車を買い取って利益にしたいと考えるのが真相です。

買取業者のほんねを知るとうまく対応できます

買取店の本心が分ったらそれにうまく対応すればストレスなく付き合うことが可能となります。具体的には、一括査定に申し込むと競争で連絡が来るので、電話出来ないときに申し込まないということと、逆の発想でいけば連絡が付けばしつこく連絡がこないということです。

買取業者からすると1件の買取見込み客の情報が来て担当者が連絡を取ろうとしても「連絡がつかない」では、その情報が無駄になってしまいます。会社側からしたら「何やってんの?」的な感じで、その担当者に対しての評価を下げたり何かしらの圧力をかけるでしょう。

なので、連絡が来たら素直に受けて現車確認査定の予定をいれるとその業者からの連絡はなくなりますので、一社一社きちんと対応すればいいだけです。
私が一括査定を申し込んだときもこのように対応したので、それほどストレスなく複数の業者に査定してもらうことができました。
ここでのポイントは“電話に出ないとしばらくのあいだは出るまでかけ続けられます。”

 

本当は高く車を売ることは難しいのが現実

一括査定に限らず実際に査定してもらうと分かると思いますが、クルマの年式が新しいとか状態が良い、人気がとても高いなどの条件でもないかぎりびっくりするような査定はでません。

なかにはかんたんに複数の業者に査定してもらって、その中の一番高い業者に売ったなどと言う方もいますが、もしかしたら営業のプロに上手に進められたのかもしれません。

 

買取店のほんねはキレイ事抜きで安く買いたい

「あなたの愛車を高く買取ります」と言っていますが、これだけ聞くとウソではありません。ですが、ほんねの部分を理解するとセールストークの裏側が見えてきます。

 

買取店はできるだけ安く買取ることが仕事

表現は悪いですが買取店は買い叩いてなんぼ、安く買い取り高く売って成り立つ世界。もし自分が買取店を営業している経営者なら、ほんねの部分ではそうなると考えます。

 

商売の基本は安く仕入れて高く売る

買取店も商売ですので、例外なくこのような形になっています。安く仕入れてそこに利益を加えて中古車などとして販売しなければ、経営することはもちろんのこと、クルマを売ってくれるお客さんにお金を払えないし社員への給料も払うことができません。

 

一般の素人VS毎日買取の商談を行っているプロの交渉人

私たち一般人がクルマを売るため査定してもらう時、買取担当者に査定や価格の提示をしてもらいます。
この買取担当者について落ち着いて今の現状を確認すると分かることがあります。

それは、買取する台数=買取商談の件数です。私たちは一生のうち多くとも5回前後もしくは2、3回といった所が平均でしょうが、1日2~3件買取商談をしている買取担当者に比べれた経験値の差は歴然。

大手になればなるほど買取商談のデータが蓄積されていますので、お客さんの性格や商談のケースによって構築されたマニュアルがあり、私たち一般人が攻略するのは至難のワザでしょう。

何も知識のないお客さんから車を買取ることは赤子の手をひねるぐらいに簡単という話もあるようです。

 

買取担当者は私たちよりも圧倒的に場数を踏んでいます

よほどの交渉達人でもないかぎり買取担当者に商談で打ち負かそうと考えてはいけません。うまく相手を言い負かせて思い通りの買取価格をゲットしたと思っていても、実は相手の手の中で踊らされていたことに気付いていないだけかもしれません。

 

車のことが詳しい人やネットでしっかり情報を調べている人ほど営業マンの話術にはまりやすい

車の性能や価値といったような豊富に知識をもっていると、その知識を逆手にとって商談を展開されるので結果的にそれほど大きな得がないまま進んでしまいがちです。

極端に言ってしまえば、「何もわからないのでとにかく一番高い所に売ります」とした方が、業者間での戦いになるので以外と高く売れる可能性があるようです。

 

粗利で評価される買取店の担当者も生活がかかっている

買取店担当者の多くは買取台数と販売粗利で評価されているといいます。いくら台数を多く買取ることが出来たとしても販売した時の利益が残らなければ経営を維持できないため、できるだけ安く買取ることが使命です。

ですので、他の買取店より少しでもお得感をだして、できるだけ安く購入できるようにいつも試行錯誤しています。

 

引き戻れなくなってから契約書(約款)でとどめを刺される

車を売る時だけに限らず、契約する時の契約書や付属される約款(やっかん)には、契約が締結された内容を証明する意味と、お互いの権利や免責内容が記載されています。

また、こういった契約書は契約前にお客側へ見せることは稀で、多くの場合お店側を守る内容が書かれていることが主となります。契約ごとに慣れていない一般人がいきなり契約書を見せられても、その場で内容を理解することは不可能でしょう。

 

車買取の契約書そのものは買取店を守るためにある

そもそもこの契約書は車を買取る側が作成した無いようなので、売る側が不利になる事が多い傾向にあります。

民法では売る側に「瑕疵担保責任」があるとしていますが、基本的に「現状での売却」になるので買取った後走行させてみたときに不具合がある場合は別として、プロである査定士が検査しているのだからそこで見逃したよう失敗をかばうように、広く瑕疵担保責任を追求できるような特約が記載されていることが多いようです。

 

かくれた瑕疵(かし)瑕疵担保責任とは

買主が通常の注意を用いても発見できないようなもの、取引きの時には分からなかった傷や欠陥のことを「隠れた瑕疵」といいます。
一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会
http://www.jucda.or.jp/qanda/qa02.htm

 

「返金請求」気をつけないといけない巧妙な手口

減額請求などで調べてみるとたくさんの情報があると思いますが、ポイントは高めの価格で売買契約を結んでおき他の業者に取られないようしてその後減額要求してきます。

これは悪質なケースですが、車を引き取って2~3日の買取代金を振り込む段階で「実は不具合が見つかりまして・・・」「深刻内容と異なる内容があったので・・・」「オートオークションの相場が下がりまして・・・」などと理由を付けて減額を要求してきます。

こういった減額内容は、それが通るように契約書に記載されているので注意が必要です。
私が売却した時は、売却した後にもし高額な修理が必要な事があった場合、売主に負担が無いような保障に1万円で受けるようすすめられたので入りました。

 

わかったふりはダメ!自動車売買契約書の確認方法

車を売る時、業者との駆け引きばかりに神経を使って気を取られ、契約を決めた時には疲れてしまった契約書をしっかり確認しない人は少なくないでしょう。

また、わからない内容が含まれていても話の流れを折るのが気になったり、営業マンを信用してわかったふりをして進めることはトラブルの基になりかねないので納得いくまで徹底的に確認しましょう。

最近ではスマホでもボイスレコーダー機能があるので、商談している音声を録音しておくと何かあった時に役立つでしょう。

 

契約書にある効力の有効性とは

その場の勢いで契約書ときちんと確認しないまま署名してしまって、後になってからヒヤっとしたことがある方も少なからずいるようです。

基本的にはあまりにも理不尽なことが書いてあることは少ないでしょうが、100%大丈夫ともいえないのが現状です。契約書の基本で、署名をすることはその契約書に書かれている内容を理解して納得しているということの証明でもあります。

実際にその内容を確認していようがしていまいが署名をした本人が認めているということです。

よく見落とされるのが契約書の裏面や、小さい文字で大量に書かれている約款(やっかん)という契約条項で、これは契約における細かな内容を決めたものです。

一般には契約する時に買取店が用意して、その中に記載されている約款を読んでそれに同意するという形になります。ですが、これを読み忘れたり時間を省略して読まなかったような場合であっても、同意した形になります。
これは法律で決められています。

約款には様々な内容が記載されていますが、「車両引き渡しのタイミング」「キャンセルについて」「契約時期の成立」「キャンセルについて」「注文に応じられない場合」などの項目があります。

ですので、たとえ査定価格アップを交渉してやっといい条件を出してもらったと安心しないで、それに、めんどくさいからということで内容を確認しないということはやめてしっかり確認しましょう。

また、消費者契約法という法律があり、最初から売買の形態が詐欺的なものの場合は、たとえ約款に理不尽なことが記載されていても、この法律に基づいて契約を解除できます。

 

車を売る時に知っておきたい法律用語

約款(やっかん)
一つ一つの条項として、契約・条約などの取決め。企業が不特定多数の商品売買を行う時にあらかじめ定められた契約条項を作り、契約内容を明確にするときなどに使われます。

消費者契約法(しょうひしゃけいやくほう)
消費者と事業者の間で結ぶすべての契約が対象。事業者の一定の行為により消費者が誤認するなど、一定の場合に消費者に契約の取消権を与えて消費者の利益を守ろうとする法律

 

違法なのかとも思える査定後の返金請求

無料査定で60万円という査定価格を提示され、一番高い査定額だったので売却する契約をして入金された後、査定の時に見落としていたとも思えるような理由で当初の査定額より20万円下がり、返金してほしいと言われた。

これって他の業者より高く買取ると思わせておいて、契約書にサインさせてから金額を引き下げる詐欺なのでは?

車を売った側の私たちからすると、査定のプロである査定士のミスであり、査定業者側の問題だと考えるのが一般的な考えで、一度決まった査定額を撤回してなおかつ返金するような請求があるなんて信じられないように思えます。

ですが、ほぼすべての買取業者が、契約約款の中のどこかに返金請求の可能性を記載していて、返金請求自体は契約上では問題ないということになっています。

こういった返金請求のタイミングが遅くなれば遅くなるほど、車を買い替える時に買取りに出した場合などで、入金されたお金を新車購入ですでに使ってしまったなどの場合、借金を背負ってしまう形となります。

こういったケースも多くないとはいえありえますので、売る側が事前にできることはやっておきましょう。

1.車の状況で気になっている部分を伝える(異音、変な振動、修復歴など)
2.受け取ったお金はすぐ使わないで保管する(1ヶ月程度が目安)
3.返金請求が来てもキャンセルできるように複数の業者で査定しておく(2社以上)
4.査定の時に返金請求が来ないように念を押す

 

減額請求がきたのでキャンセルを申し出るとキャンセル料を請求される!

中古車を買取専門業者に売却する契約を締結後、なにかの理由で売り手の消費者側から解約を申し出ると10万円のキャンセル料が発生するなどしてトラブルになるケースがあります。

買取会社の契約書の中には、契約後のキャンセル料について明記されています。その内容は100万円以下の場合は一律10万円のキャンセル料が発生するなどした旨を記載しています。

こういったキャンセル料についてのトラブルは、車社会が発達し買取店が普及していくに比例して増えているようです。

契約後キャンセルにいたる多くの理由は大きく2パターンで、「資金面の問題や家族の反対」「契約先を上回る買取金額を他から提示された」の2つです。

ですが最近増えつつあるのが、自分の車の査定価格が知りたくて軽い気持ちで無料査定に立ち寄った時、担当者の巧妙なセールストークに流されて売買契約を結ぶことになり、納得できないというケースです。

このように、一度契約書に署名してしまったものと撤回するには非常にリスクかかることになるので慎重に行いましょう。

中古車の売却の際のキャンセル料のトラブルについて詳しい資料はこちら

 

人気の車査定サービス

ほぼ毎日、1000人前後の方が利用している無料の上場大手企業が運営する車買取査定サイトですので安心して利用できます。

ウェブクルーズバット車買取比較
ズバット車買取比較は、業界トップクラスの最大10社の一括見積もりに対応した車査定業者で、人気の査定業者のほとんど提携しています。
毎月実際に取引しているオートオークション相場をもとにしてすぐに概算を表示してくれるサービスも最近追加されました。こちらのサイトへ進んでいくと、利用者アンケートも充実しており日々更新されています。

公式サイトには査定依頼初心者の高額買取ポイントもチェックできますし、査定・売却情報も掲載されているのでこれから愛車の購入や売却を考えている方にとても参考になります。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら<<

エイチームかんたん車査定ガイド
株式会社エイチーム(Ateam Inc.)が運営する車買取比較サイト。車の買取価格を気軽に知りたい。もっと高額で買い取りをしてほしいとお考えの方。人とはちょっと違う車を持っている方はこちらがおすすめ。
こちらのサイト内には「車の買取査定に関するうわさ」「買取査定豆知識」といった説明があるので勉強になります。ガリバーやカーセブン、アップルといった有名な高額買取業者が参加しているので高く売れやすいと評判です。

ここで見積もりを取って、予想額よりもほぼ2倍になったという実例もあります。入力したら1秒で愛車の最高額が分かるので、愛車の相場をすぐ知りたい!という人におすすめです。

>>エイチーム公式サイトはこちら<<

カーセンサー簡単ネット車査定公式サイト
入力項目は少し多めですが知名度の高いリクルートが提供するサービス。中古車の買取情報ならカーセンサーで1番高い査定価格を出して買い取ってもらえます。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などを入力の上、依頼を一括で申し込できます!

>>カーセンサー簡単ネット車査定公式サイトはこちら<<

 

車売るなら安く買い叩かれないための防衛の秘訣

一社だけの見積もりだけでは危ない

ネットの一括査定が一般的に利用されている現状ですが、申し込んだときに提示される概算価格で業者を絞ってはいけません。

概算価格はあくまでも参考価格にすぎないため本当の査定価格ではあしません。愛車の買取価格は現車を確認しないと算出できないのでネットなどの一括査定だけで一社に決めてしまわず、必ず複数の業者に実車を確認してもらいましょう。

買取業者の買取価格は各社それぞれ違う

車の査定には、各買い取り会社それぞれのが基本的なデータに基づいて算出している査定基本表があります。車種と年式、走行距離などのデータで大まかな相場は算出できますが、買取会社ごとにその価格は異なり、場合によっては50万円近く違うことがあります。

こういった理由から多くの人が複数の業者に査定してもらい、買取価格の一番高い業者に売却しているのです。

 

以外と効果的な一度に複数の業者に現車確認してもらう方法

査定交渉のプロ同士が同じ査定現場にいることで、通常の場合マイナス査定になるような項目があっても、周りのライバルを気にしてけん制し合うので見逃すことも少なくないようです。

このように価格競争がおこるため必要以上のマイナス査定を抑えることが出来ることと、一社ごとの対応をしていると交渉のプロと真っ向から対面しないといけませんが、交渉のプロ同士に競ってもらう方が査定額アップにつながりやすい場合があります。

 

【絶対避ける!】査定した後にその場ですぐの契約

「今日契約していただけると5万円アップします!」・・・。過去に私も言われました。

「今しかこの価格は出せません」「5万円アップできるのは今日までです」「次来ていただいた時にはこの金額は出せません」というような直接的な「欲」を刺激するこういった言葉。そういったことで、もしかすると他の買取店ではもっと高い金額を提示してくれていたかもしれない可能性を失ってしまいます。

少し高いと思わせる金額を提示しておいてライバルを排除したら買取店からすればいつもの勝ちパターンに入るでしょう。

 

出張査定は査定をするために来るのではなく確実に買いとる為に来る

「無料で気軽に出張査定」とうたっていたとしてもそれは申し込みをする側だけの話で、実態に出張査定に来る業者はどこの会社もかなり本気で真剣に来ます。

ネットで概算を提示するだけではないので確実に経費がかかりますし、一括査定などからの申し込みの場合必ずライバルも複数存在するのでリスクも高いのです。

彼らの評価の一つに「相場より安く買い取れた」「その場で契約を取ってきた」というものがあるようで、その評価の通り少ない経費で多くの利益を出すという買取店への貢献度が高いのです。

中には、出張査定先に電車やバス、徒歩などで向かい、査定する車を買い取って販売店に帰る満々の営業マンもいるようです。その商談も1時間どころか数時間かけて相当な気合を入れて行う猛者もいるようです。

 

営業マン・営業レディーはその場で即決させるために毎日特訓している

「ライバルがいない1対1の交渉は余裕を持ってクロージングが出来るので楽ですね」と語る営業マン。

プロゴルファー、プロ野球、プロテニスなどなど、世の中にはそれを生業としているプロがいます。買取営業マンや営業レディーも同じでそれを生業としているプロの交渉人です。

どんな事でも素人とプロとのスキルの差は歴然であるということはだれもが知っていて、その両者が勝負をしたらよほどの事がない限りプロに軍配が上がるでしょう。

プロの日常はいつも商談をしていて、お客さんが少ない平日などは営業マン同士で店員とお客役に分れて営業ロールプレイをしたり、人心掌握術などの営業書を読んでどうすれば安く買い取ることができるかを研究しています。

 

「今決めていただかないとこの価格は出せません」という時は最高値でない事が多い

こういったように即決をあおるような事を言われたら、他社が来る前に決めてしまわないと値段がもっと上がってしまうという事を意味しています。

中には、買取台数ノルマの数字合わせで、利益を二の次にしているタイミングであれば本当に最高値クラスの査定額かもしれません。ですが、その場合だと、その時即決しなくても再度話を持ちかけると「今回だけ特別に」という感じで同等の買取価格を提示されるでしょう。

 

営業マンの決めゼリフ

「この価格は今しか出せないので急いでください!」
「今日決めていただけるなら、この査定価格に5万円プラスさせていただきます!」
「一週間後にはこの価格は変ってしまう可能性があります」
「今月のノルマ達成のために助けてください!お願いします!」(感情に訴える)

 

商談の内容や買取提示価格は「証拠」を残す

商談を進めていくと、最初と後では数十万円違うといったことが少なくないようです。

一度査定してもらい、後日確認すると「相場が変って今は同じ金額が出せない、それに上司に相談したけど書面で提出していないから無効になります」などと、非常にまれなケースですが0ではないようです。

ですが、書面で提出していなくとも言葉で結んだ契約は法律的にも有効であるため、ボイスレコーダーで録音していて音声の証拠があれば十分証明できます。

 

素人が交渉を仕掛けると返り討ちに・・・

プロの交渉人相手に素人が立ち向かっても返り討ちにあうのが関の山。私がハマったセールストークの経験もふまえて、ここではあえて交渉しないということについて紹介します。

「希望金額はいくらですか?」そこから始まるのはプロの交渉術を考えていいでしょう。私が車を売却した時もそう聞かれたことを覚えています。

その時私は大体の相場を調べていたので相場のプラス10万円ぐらいで伝えると、そこからセールストークが始まり、気がつけば事前に把握していた相場より低く納得して手放してしいました。

きっと、高くふっかけてくるお客に対してのセールスマニュアルを使って、気持ちよく相場以下で私は手放したんだと後で分りました。

このように、こちらが言ったことを突破口として相手のパターンのハマってしまう事が高い確立であるようです。

 

何を言われても考えをブラさない

「希望金額はいくらですか?」と聞かれたら「できるだけ高いほうがいいです」と一言。ただ査定会社それぞれの買取条件をまとめていき、集めたなかで一番良い条件を提示してくれた業者に決めればいいだけです。

各社で査定してもらうと「今ここで決めてくれるならここまで頑張ります」などと言うでしょう。ですがそこで「各社の買取条件を出してもらった後、一番良い所に決めます」と落ち着いて伝え、その場は一旦保留にしてもらいます。

あれやこれやとセールストークでつっついてきますが、「一番条件の良い所で売却します」を通せば、様々なテクニックを使われようともつけ入るスキを与えにくいものです。

それでも実際は、「一番高く出せるように他の会社が出した後に来てください」などと言って買取価格を提示しない所もあるので、その時も冷静に「せっかくわざわざ査定してもらいに来てるのに、買取金額を教えてくれないのは失礼ではないですか」ぐらい言ってもいいでしょう。

もしそういったように買取価格を素直に提示してくれないような買取店は候補から外してもいいかもしれません。

「あの買取店は○○円でした」と伝えるだけでも買取価格がアップする

一括サイトなどから査定申し込みするとその時点で買取店側は複数のライバルがいるわけで、そこに適当な低い査定金額を提示しようものなら他の買取店にお客さんを奪われてしまいます。なので、利益が出るギリギリの価格を出してきます。

 

車を売るということについてのまとめ

これまで、私が実際に車を売る時に困ったことや失敗した事、買取店の本音の部分や高く売ることのむずかしさなどを紹介してきました。
ここではそういった事をふまえて、どのように売却するのが一番確実で効率的かをまとめていきます。

 

下取り査定と買取査定の差で見えてくるもの

だれでも色々な予定があり毎日忙しいものです。ですが、それを理由に面倒くさがって考えることをやめてしまえば、どんどん状況は悪くなる一方でしょう。

なので、少し手間はかかりますが一括査定サイトに登録してできるだけ多くの出張査定を依頼して、しっかり買取価格を競争させてデータを集めることが出来た人は高く売ることができます。

車を売却している多くの方は、車を購入する時に値引き額やオプションサービスなどに気を取られるため、あまり気にしないでそのまま下取りに出しています。

また、一括査定サイトに登録しても営業マンのセールストークにハマってしまい、複数の業者にちゃんと査定してもらわないうちに、「この価格は今日決めていただけないと保障できません」「今決めていただけるなら希望の価格になるように本社に交渉します。」など、結局のところ1社~2社だけ見てもらってしっかり競合が出来ずに終わります。

逆に、高く買い取ってもらう自信が無かったり、出張査定や持ち込み査定をする手間がかけられない、契約事項細かく確認したりなど、後々トラブルになるのが面倒くさいと考える方は、すべて一緒に手続きできる下取りにしたらいいでしょう。

買取価格が安くなる可能性はありますが、買取店が提示した査定金額を伝えて下取り価格アップを頑張ってもらうことはできますね。あまりに金額の開きがあると「買取店に売った方がいいですよ」とディーラーがさじを投げることも少なくありません。

ですが、下取りに出すということは査定額が多少下がったとしても、「トラブル回避料」や「安心料」「保険料」だとも考えられます。

 

車を売る時に起こるトラブル

車を売買する時に起こるトラブルの一つに「名義変更のトラブル」があります。車を買取店に売ったのはいいけど、名義変更が遅くなったり、ひどい場合だとおこなっていない為に起きるトラブルです。

このケースでは、車を売却してしばらく経過したとき自分宛てに「自動車納税通知書」が届き、無視するわけにいかない状況になります。また、オービスや駐車違反などの交通違反や、当て逃げひき逃げなどという犯罪行為など、自分以外の第三者が起こした違反のツケを自分が払わないといけないことになります。

 

人気の車査定サービス

ほぼ毎日、1000人前後の方が利用している無料の上場大手企業が運営する車買取査定サイトですので安心して利用できます。

ズバット車買取比較は、業界トップクラスの最大10社の一括見積もりに対応した車査定業者で、人気の査定業者のほとんど提携しています。
毎月実際に取引しているオートオークション相場をもとにしてすぐに概算を表示してくれるサービスも最近追加されました。こちらのサイトへ進んでいくと、利用者アンケートも充実しており日々更新されています。

公式サイトには査定依頼初心者の高額買取ポイントもチェックできますし、査定・売却情報も掲載されているのでこれから愛車の購入や売却を考えている方にとても参考になります。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら<<

エイチームかんたん車査定ガイド
株式会社エイチーム(Ateam Inc.)が運営する車買取比較サイト。車の買取価格を気軽に知りたい。もっと高額で買い取りをしてほしいとお考えの方。人とはちょっと違う車を持っている方はこちらがおすすめ。
こちらのサイト内には「車の買取査定に関するうわさ」「買取査定豆知識」といった説明があるので勉強になります。ガリバーやカーセブン、アップルといった有名な高額買取業者が参加しているので高く売れやすいと評判です。

ここで見積もりを取って、予想額よりもほぼ2倍になったという実例もあります。入力したら1秒で愛車の最高額が分かるので、愛車の相場をすぐ知りたい!という人におすすめです。

>>エイチーム公式サイトはこちら<<

カーセンサー簡単ネット車査定公式サイト
入力項目は少し多めですが知名度の高いリクルートが提供するサービス。中古車の買取情報ならカーセンサーで1番高い査定価格を出して買い取ってもらえます。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などを入力の上、依頼を一括で申し込できます!

>>カーセンサー簡単ネット車査定公式サイトはこちら<<

 

車売るなら知っておくべき売却方法

・買取店に売る
・下取りに出す
・個人売買で売る
・カーオークションに出す
・査定額0になる場合はスクラップ工場に売る
・仲介代行業者にお願いする

それでは以下でそれぞれ詳しく説明して行きます。

・買取店に売る


車買取専門店など主要幹線道路沿いに店舗を構えていたり、小さな店舗で色々な地域をサポートしていたりとほとんどの方の自宅近くにいくつかの買取専門店があるのではないでしょうか。

愛車を手放す手軽な方法として多くの方が買取店を利用しています。
買取店に売る一般的な方法は自宅近くの買取店に車を持ち込んで査定してもらいます。買取店で有名な所はCMやチラシでよくご存じのことと思います。

有名買取店

・ガリバー
・ラビット
・トヨタT-UP
・アップル
・ビッグモーター
・ハナテン
・ジャック

などがよく知られていて買取依頼をしやすいのではないでしょうか。
また、こういった大手の買取店になればインターネット申し込めば自宅まで査定に来てくれる所がほとんどで、査定してもらう側からするとストレスが少ない。

買取店での査定を効果的に進める方法は、出来るだけ多くの買取店で査定をしてもらうほうが買取額が多くなる可能性が高く、めんどうでなければ誰でも多くの店舗で査定してもらいたいと思うでしょう。

ここではインターネットから査定を一括して申し込めるサービスがあるのでそれを使えば効率的に複数の買取店に査定してもらえます。

ここのサイトが詳しく説明してあります。

http://車買取査定.tokyo/

買取店に売るメリットとデメリット

メリット
売却価格がアップしやすい。
買取店それぞれの得意分野や欲しい車であれば相場よりも高く売れることもある。
装備品によっては高額になる場合がある

デメリット
複数の買取店に依頼する場合は連絡や査定段取りの調整に少し手間がかかる。
価格相場の変動で時期によっては値段が下がる。

・下取りに出す


車を買い替える場合はこの方法が使えます。新たな車を購入する金額から手放す車を売却する金額を引く事で購入額を下げられる。
なじみの車屋さんに全部任せている、色々を考えたりと面倒なことを省略したいという方にはお勧め。下取り参考価格を確認する場合はこちらがおすすめです。
http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

ここでの注意点はすべてお任せで簡単に手続きが出来るため査定額が低くなりがちになります。
車を売るこちら側からすると簡単=利益が少ないということになる。

下取りで売るメリットとデメリット

メリット
手続きが簡単というよりすべて担当者に任せておけば手続きが終わる。
購入値引額の補填で下取り額の増額が稀にある。

デメリット
下取りに対しての積極性が店側に少なく、下取り額の競争や買取店の見積もりに合わせるなどということはほとんどしてくれない。
人気の車種やカラー、装備品などでの増額も少ない傾向にある。

・個人売買で売る


ちょうどタイミングよく身近に自分のクルマを欲しいという方がいれば個人売買も可能です。
必要書類を準備して手続きすれば個人でも売買できるが、手続きの手間や安全性から日本ではあまり多くは行われていない。

最近では個人売買を仲介するようなサービスが広がりつつあるので今後は一般的になる可能性もある。
また、代金の支払いと所有権の移転などのタイミングで双方にリスクがあるため十分な注意が必要です。

個人売買で売るメリットとデメリット

メリット
仲介業者が入らないので売る側は高く、買う側は安く売買できる。

デメリット
個人売買なので修理保障などがない。
こちらが売りたくても買い手がすぐに見つからない。
すべて自分で手続きしなければならないため手間がかかる。

・カーオークションに出す


少しずつ増えてきているのが個人でオートオークションに出品または落札して売買するスタイル。
ヤフーオークションや楽天など有名ですが、うまくい行くこともあれば行かない事もある。

傾向としては、個人売買ということと決済後のリスクもあるということなどから、売却金額を見ても買取店などの業者へ販売することとそこまで大きな違いはないという意見もある。

トラブルの多くは代金と車を受け渡した後の名義変更が多く、名義変更されまま使用されて事故した時の連絡が名義人である売主に来たり、駐車違反などの連絡がきたりなすることがあります。

カーオークションに出すメリットとデメリット

メリット
個人で取引が行えるのでオークション利用料以外の中間マージンがかからない。

デメリット
代金と商品の受け渡しを行うスケジュール調整などすべて自分で行う必要があることと、名義変更などの手続きも売主買主どちらかが行わなければならない。
細かいところでのトラブルが全くないわけではない。

・仲介代行業者にお願いする


ディーラーや車買取店といった店舗ではなく自分の車を直接購入する方を探してくれるサービスです。
売買成立時に仲介業者へ数万円支払う、または販売価格の数%を手数料として支払うというスタイルが多い。

売りたいクルマが人気車種であったり欲しい人がちょうどいる場合などタイミング良ければ業者に売るより割高で販売できることもありますが、条件良く販売するためには時間がかかることもある。

仲介代行業者にお願いするメリットデメリット

メリット
業者に販売するより高額で売れる場合がある。
次の所有者が分るので自分の愛車が今後誰に使用されるかがわかる。

デメリット
仲介業者は仲介をするだけなので売買後何かトラブルがあってものサポートは無い。
購入希望者が現れなければいつまでたっても売れない。

・査定額0になる場合はスクラップ工場に売る


意外と知られていない方法ですがスクラップ工場に資源として販売するという事です。

クルマ一台には多くの金属が使用されていますので十分資源として再利用可能。一台あたりの買取相場は2万円~3万円といった所ですので、それ以上の価値がある場合は買取店などに売却をお勧めします。

ですが、世の中には査定価格0円と査定されるクルマのありますので、その場合は固定概念でスクラップや廃車する費用が逆にかかると思わず、資源として売却する方法もあると知識として持っておきましょう。

費用がかかるのは廃車手続きする手数料くらいで実費といえば書類費用の数十円~数百円ていどのもの。ですので、もし「査定額0円なので無料で廃車します。」と言われても一度近くのスクラップ工場へ聞いてみることです。

近くにスクラップ工場が無い場合は、全国で見積もりから引き取りまで行ってもらえるリサイクルサービスがあるのでここで調べることも有効です。

カーネクスト

スクラップ工場に売るメリットデメリット

メリット
査定額0円と査定されたとしても部品取りや資源として有効活用できることと、2万円前後で廃車手続きも含めて買い取ってもらえる。

デメリット
スクラップまたは部品取り販売をメインとしている工場の数が多くない

以上が6つの賢い車の売却方法でした。

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア