1. TOP
  2. クルマを売る
  3. 下取り車の有効活用して商談を有利に進める

下取り車の有効活用して商談を有利に進める

下取り車がある場合では、その下取り車をうまく使って相談を有利に進められるなどのメリットがあります。
ここでは下取り車の有効活用についての情報を紹介しています。

下取りに出すクルマが古くともあきらめない事です

 下取り予定車が低年式車(古い)からといって、勝手に自分の思い込みで「査定額は付かない」といって諦めてはいけないです。今時の中古車オークション会場では、外国人バイヤーの海外輸出業者が多いのです。

海外市場では日本の安い低年式車の人気が高く、走行距離や外装の状態などはあまり気にされないと聞きます。そのために、初度登録から10年以上経ったSUVなどに、思いもよらない査定額が提示されることもあるのです。

自社系列で大規模なオークションを運営しているなどのネットワークが広いこともあり、下取り査定額は一般的にトヨタ系販売店が良いとされています。

トヨタ系列の査定額が高めなことは業界では知られていることです。そのためにはトヨタ車以外のクルマが本命なら「トヨタでは結構いい下取り査定額だった」と、具体的な査定額の数字を伝えなくても、こう言って伝えるだけで、十分なプレッシャーになるのではないでしょうか。

また、一部の新興勢力の買い取り店が、かなり高い買い取り額を提示してくることも目立っています。
そこで商談時に「買い取り店の査定額は良いが、すぐに売却するのが条件だった」と、ディーラーをけん制すれば、ディーラーも中古車相場を意識した値付けをしてくるでしょう、条件アップが加速することもあるでしょう。

 

下取り車の注意点

上記でも触れましたが、海外での中古車人気が高い今、SUVを中心に下取り査定相場はかなり流動的です。商談では一貫して下取りに出すスタンスで進めていき、いよいよ契約も近くなってきたところで、買い取り店(とくに新興会社)へ持ち込み、買い取り額がいくらになるかを確認しましょう。その額を持ってディーラーとの交渉に臨んでほしいものです。

【《車買取》愛車を一番高く売るなら♪】

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

【最短30秒で入力完了!最高価格が分かる♪】