1. TOP
  2. 2016年3月新車販売ランキング(ネット・雑誌・近所の車屋さん情報)

2016年3月新車販売ランキング(ネット・雑誌・近所の車屋さん情報)

一年を通しても販売台数の多い時期ではあるが、3月は1月2月に受注したクルマの納期に迫られている時期。この月は来年度の登録台数確保のために各販売店も動いている。

とはいえ、販売台数が多い時期であるには変りないので3月に一番売れた車種から順に紹介していきます。

 

スポンサーリンク   

良く読まれている記事

クルマ査定で初心者がやってしまう致命的な【失敗談】
新車購入でやってしまうもったいない【失敗談】

1位 プリウス 約31500台

新型になって4代目となるハイブリッドカーの代名詞。1800cc+モーターユニットは全体的に改良され、燃費仕様のEグレードは40.8km/ℓを実現しています。また、他のグレードもFFで37.2km/ℓ、4WDで34km/ℓと高い水準を誇っています。
ボディー剛性のアップやリヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用するなどして走行性能と共に乗り心地性も向上しています。
また、Aグレード以上には対人型自動ブレーキや、自動駐車装置などの先進機能も完備。
内装デザインも進んでおり、カラーヘッドアップディスプレイもAグレード以上に装備されています。

 

2位 アクア 約23000台

今やプリウスと並ぶハイブリッドの代表ともいえるコンパクトハイブリッド。
パワーユニットは1500cc・直4+モーターで軽量かつ空気抵抗の少ないボディを快適に走らせます。
低燃費国産車NO.1の座は新型プリウスに抜かれたとしても37km/ℓの燃費は非常に高い性能。また、車両感覚を把握しやすいサイズの5ナンバーサイズボディを改良されたサスペンションにより、キレキレに元気良く走らせます。
グレードによってはシート表皮やインテリアカラーが異なり、廉価グレードはカジュアルなデザインになります。
Gグレード以上には自動ブレーキシステムが標準装備され、S、Lにはオプションで装着可能。

 

3位 フィット 約15500台

燃料タンクを前席下に配置することで見た目によらない広い車内空間のあるホンダを代表とするコンパクトカーの3代目。
後席の背もたれを前面に倒してフラットな荷室を作る以外に、座面を背もたれに付けるように持ち上げると、高さ128mmもの荷室を確保できます。
また、パワーユニットは1500cc+モーターのハイブリッド、1300ccと直噴と1500ccガソリンの3種類。
1300ccでも動力性能は十分高く、価格の安さも相まってスポーティーさにこだわりが強くなければ問題なく使えます。ハイブリッドも含め全エンジンで4WDが選択可能です。

 

4位 ノート 約13500台

1200ccの3気筒エンジンを搭載するコンパクトカーです。ベーシックなエンジンに加え、スーパーチャージャーを組み合わせて1500cc並みのトルクを作りだすエンジンも選択可能で、しかもこちらの方が高燃費です。
クラスのわりに長いホイールベースにより生まれる広い車内空間は、大人4人乗車でも後席の足元はわりとゆったりしています。
標準ボディ以外にも、スポーティなニスモとニスモSが用意されており、こちらも高い人気ぶり。歩行者も検知するカメラ式自動ブレーキシステムはニスモ系以外に標準装備しています。

 

5位 シエンタ 約13000台

2015年7月に登場して以来高い人気のシエンタ。1500ccガソリンと1500cc+ハイブリッドを設定するトヨタ最小サイズのミニバンです。
ガソリン車でも20km/ℓを超える燃費性能で、ハイブリッドはミニバントップの27.2km/ℓを実現しています。6人乗りと7人乗りが用意いされていますが、2列目シートの基本構造は同じ。車体中央寄りを小物入れにしており、イメージしがちなキャプテンシートではありません。3列目シートは2列目シートの下に格納出来て、コンパックトカーのようにも使用可能。2列目をたたんだ状態でなければ3列目を出し入れ出来ない。

 

6位 カローラ 約11500台

トヨタのカローラアクシオGSとハイブリッド、カローラフィールダーGSとハイブリッドなどのカローラ系総合計での順位です。
5ハンバーサイズセダンを守り続けているアクシオはとびぬけた特徴のあるクルマではない印象。ですが、短所的な所もない多くのオーナーに好まれるクルマです。広い視界と取りまわし時のストレスも少ない。
現行モデルは、上級グレードの内装質感がアップしどちらかというとビジネスライクな雰囲気は薄くなっています。
また、カローラフィールダーはカローラをベースとしたステーションワゴンタイプ。1500ccと1800ccガソリンと、1500cc+モーターのハイブリッドがあります。FFをメインに1500cc車のみ4WDが設定されています。
ハイブリッドは33.8km/ℓ、1500ccのFF/CVT仕様は23km/ℓとどちらも高燃費仕様。407ℓの荷室容量で、後席の背もたれを倒せば872ℓまで容量が拡大します。

 

7位 ヴォクシー 約11000台

8位 ヴィッツ 約10000台

9位 ヴェゼル 約9000台

10位 エクストレイル 約8500台

 

スポンサーリンク   

良く読まれている記事

クルマ査定で初心者がやってしまう致命的な【失敗談】
新車購入でやってしまうもったいない【失敗談】

\ SNSでシェアしよう! /

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【クルマのある暮らし】car-info.tokyoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア